上関みらい通信Topics

2011年
4月9日

上関町より

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 東日本大震災から、一ヶ月が経とうとしています。今なお懸命な復興作業が続いています。

 ある上関町の人が、私に話してくれたことです。「東日本大震災で被災された方々の心痛は図りしれないものがある。私は震災では無いが、戦争を経験している。敗戦後、何もない所から、皆で力を合わせ立ち上がっていった。今は、全国各地から支援の輪が広がっている。必ず近いうちに復興出来る」祈るような気持ちが伝わって来ました。

 また、福島第一原発の事故については、「上関町民は福島第一原発事故のことは、重く受け止めなくてはいけない。二度と、このような事故を起こしてはならない。しかし、原子力発電所は必要なもの、上関町民がやるべきことは、より安心、安全な原子力発電所を建てらすこと。その為には少々時間が掛かると思う。私が生きている間に出来るか分からないが、これから上関町で生きて行く人達は、世界に誇れる原子力発電所を建てらすことが大切なことと思う」多くの上関町民も、同じ願いと思います。

 上関町民、一刻も早い復興と、事故の収束を願っています。

コメントは受け付けていません。