上関みらい通信Topics

2011年
6月28日

節電

カテゴリー:blog | 投稿者:佑ちゃん

 某日、宇部市で開催された河村建夫衆議院議員のセミナーの中で、石原自民党幹事長が「現状では原子力発電所の新規立地はなかなか難しい。上関原子力発電所においては、ここ10年以内にはできないだろう」と発言をされたようです。この言葉の中には、色々な事が隠されていると私は思います。悲観的に考えれば、「10年間何もできないのかな?」ともとれます。しかし、楽観的に考えれば、「これから10年間、まだまだ上関原子力発電所建設計画は国のエネルギー政策の中にある!」ともとれるのではないでしょうか!!
 今は世論、マスコミ等の間では、原子力政策は逆風の中にあります。しかしながら、ここ最近のマスコミの報道内容を見てみると、節電の事ばかりやっているのを目にします。余りにも節電、節電と異常反応していると、国益、企業の日本離れ、また国民の健康を害してしまうのではないか!と私は思います。これらを踏まえて、早く国が原子力発電所の安全性を確保できるよう、各電力会社に指導をし、立地地域の方々に理解をしていただき、現状の原子力発電所を1日でも早く稼働また再稼働できるように努力していただきたいと願うばかりです。

コメントは受け付けていません。