新着記事

2014年
4月10日

春本番part3 海の幸

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 『上関町で、今、どんな魚が水揚げされているのか?』
 友だちの水産会社を訪ねてみました。
140410_0817 140410_0817 140410_0820 140410_0820  ちょうど、大量のアジが水揚げされ、氷詰めされて出荷されるまでの間、冷蔵庫に保管する作業が行われていました。
 アジと言えば、大分の「関アジ」が有名ですが、上関は、大分とは豊後水道を挟んで目と鼻の先ですから、上関のアジも大分の関アジに負けず劣らず、味は絶品です。
140410_0819 140410_0819 140410_0819 140410_0818  『その他にどんな魚がいるのか?』
水槽を覗いてみると、オコゼ、めだかカレイ、わたり蟹と高級食材が大量に水揚げされていました。美味しそうな食材を見ているだけで、よだれが・・・おっといけない。

 実は、上関で水揚げされる新鮮な魚介類は、今は町内で購入することは難しいのですが、この秋オープンする「道の駅〝上関海峡〝」では、購入できるはずです。みなさんお楽しみに。
 おいでませ上関へ!


2014年
4月2日

上関町 春本番part2

カテゴリー:未分類 | 投稿者:フミツキ

 上関大橋を渡って、元熊毛南上関分校跡地の横に上関番所があります。
140401_1635 140401_1633 140401_1636 140401_1637 140401_1634    
 番所とは、国境や陸運の要衝地に設置された見張り所のことです。
 上関は古くから、瀬戸内海航路の重要地点で、十七世紀にはいって、北海道と大阪を結ぶ西回りの航路が確立され、北前船が寄航する等、各地で海運業や商業が栄えました。萩藩もそれに対応すべく港を整備し、管理・見張りの番所を設けました。

 ちょと分かり辛い所にありますが、先(春本番上関町part.1)に書いた城山歴史公園などと一緒に、上関町の歴史探訪などされては如何ですか。
 それと、この番所から少し先に、「レストラン瀬里家」があります。そこからの眺めも最高ですよ。もちろん料理も最高です。
 そして、歴史探訪の後は、「鳩子の湯」で、身も心も癒されてみてはいかがですか。「鳩子の湯」の中にもお食事処「瀬里家プエルト」があります、こちらの料理も絶品です。
 ぜひ、上関町の春を味わってみて下さい。


2014年
4月2日

春本番 上関町part1

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 上盛山でも、桜が満開となりました。上関町の山のあちこちがピンクに染まり、新緑が眩しい、今が一番見頃です!
140401_0820 140401_0809 140401_0833   あと数日はもつかなと思います。

 こちらは上関城山歴史公園です。
 3月上旬から楽しませてくれた早咲きの河津桜は、今はすっかり葉桜になっていますが、これは、これで葉の緑色と空の水色のコントラストが美しく、一興です。

140402_0800 140402_0802 140402_0801 140402_0802 140402_0803 140402_0803
 上盛山の展望台(灯台)からの360度の絶景。城山歴史公園の見張り台からの眺望。どちらも素晴らしいですよ。是非、上関町に来られて楽しんでみて下さい。
 おいでませ上関町へ!


2014年
3月25日

原子力発電所再稼働

カテゴリー:blog | 投稿者:佑ちゃん

最近の新聞で、原子力発電所再稼働についての記事を目にします。鹿児島県川内原子力発電所に対する安全審査が佳境をむかえているようです。
原子力規制委員会の委員の方々には、速やかな現実的な回答をお願いしたいです。
元の政権与党、民主党は2030年までに「原発稼働ゼロ」という無責任な内容を軽々しく発言していました。現政権、安倍政権においては、「即刻原発ゼロ」などという軽々しい発言はできない。言ってしまうのは簡単だが、現実そう簡単にはいかないというスタンスのようです。
当然の事ではないでしょうか。今までも思っていましたが、耳障りの良いことばかり言って、現実には何もできない。マスコミにいたっても,視聴率を稼ぐ為に、現実を現実として伝えない。自分達の都合の良い形にして報道する。
3年前の震災以降、こういった現実離れした世論や情報操作が行われていると感じるのは私だけでしょうか。
今、本当にやらなければいけない事は何なのか。
以前にも書き込みしましたが、この世の中、全ての物事に関してリスクゼロはあり得ません。どんな物事も、大なり小なりのリスクを抱えて、世の中が成り立っているのです。大東亜戦争時に「大和魂さえあれば、米国に勝てる」といったようなナンセンスな時代ではないのです。
近々の日本において、今、何が必要なのか。よく考えていかなければなりません。
特に、現実を捻じ曲げて報道また活字にするマスコミの皆さん。


2014年
3月19日

ロシア制裁

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

「安倍晋三首相は19日午前の参院予算委員会で、ロシアのプーチン大統領がクリミア自治共和国をロシア連邦に編入するとしたことについて、『ウクライナの統一性、主権および領土の一体性を侵害するもので、非難する。力を背景とする現状変更の試みを看過できない』と述べた。そのうえで『ロシアに対しさらなる措置を検討する』と述べ、査証(ビザ)発給緩和に向けた協議停止などの措置に続く、追加の制裁措置の検討を表明した」(毎日新聞)
「引き続き先進7カ国(G7)を含む各国と連携しながらロシアへのさらなる措置を検討する。」産経新聞(3月19日)
など、ロシアに対する日本の動きや欧米の動きが、連日マスコミで報道されています。
これに伴いロシアから輸入されている、天然ガスや小麦が値上がりするのでは・・?とも報道されています。
もし、EU向けの天然ガスが値上がりすれば、世界全体で資源価格が上昇することも避けられないのではないでしょうか。現在、原子力発電所がストップし、火力発電に頼っている日本でも、発電の燃料費のコストが更に高くなって、電気料金の値上がりにもつながってきてしまいます。日本の経済にも大きな影響が出るでしょう。
このような世界情勢は、これからも起こりうることです。そうならない為にも安定した価格で安定して電力が供給できる原子力発電が必要ではないでしょうか。
安定した生活を送る為にも、「安心・安全」な原子力発電所の一日も早い再稼働を望みます。