新着記事

2017年
2月9日

トランプ大統領

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 1月20日、アメリカのトランプ新大統領が就任されました。
 まずは、大統領就任おめでとうございます。
 就任前からいろいろと世間を騒がせていたトランプ氏ですが、大統領になられてからも、その発言はますます過激になっていく一方のように感じられます。
 トランプ氏の掲げる「アメリカ・ファースト」。アメリカさえ良ければいいという考えのようですが、本当にそれがアメリカの為になるのでしょうか?
 周りの国々も含め各国がお互いに理解、協力することで世界全体の発展につながり、それがまたアメリカの発展、世界の発展へとつながっていくのではないでしょうか。
 話は変わりますが、私の住んでいる上関町は上関原子力発電所の建設・運転を契機とした「豊かな町づくり」を目指しています。上関町内でも賛否両論ありますが、現在は推進(賛成)派7割、反対派が3割です。
 推進が7割だから良いというものではなく、同じ上関町の人間同士根気よく付き合い、お互い分かり合う努力をしなければならないと思っています。
 また、周辺地域(半径30キロ圏内)の方々の理解も必要です。安全性・避難経路の確保など、皆さんが心配に思っていることについて、中国電力はもちろん、行政や民間(商工会・漁協など)も協力し、理解を深めていかなくてはならないと思います。
 トランプ大統領の話から上関町の話になってしまいましたが、「安全・安心」が確認された原子力発電所の建設は、上関町のみならず、周辺地域はもちろん山口県の発展につながっていくものと思います。
 これからも、みなさんのご理解ご協力をよろしくお願いします。


2017年
2月2日

2017上関町 神明祭

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 1月22日(日)、上関町の「神明祭」が長島の沖の浜で開催されました。
 当日は、雨が降り、風も強く、開催できるか心配しましたが、朝一番に「正月飾りを回収します」との町内放送が流れ、ほっと一安心しました。

IMG_1952
 神事が始まる頃には雨も上がり、多くの見物人が集まって来ました。
 途中、二体の神明のうち雌の神明が、強風のため倒れるというハプニングもありましたが、すぐに立て直し、子供たちの火入れにより,雄雌二体の神明は勢い良く燃え上がりました。
IMG_1978 IMG_1969 IMG_1989 IMG_1994
 燃え盛る神明の中から、その年の年男が無事にご神体を取りだして、無病息災をお祈りすると、 ようやく一年が始まる気がします。

 最後は、恒例の餅まきで締めくくられました。

 上関町の皆さん!今年1年、良い年となることを願って、頑張りましょう!!


2017年
1月24日

平成29年 上関町商工会 新年互礼会

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 毎年恒例の上関町商工会新年互礼会が、1月13日(金)に上関町総合文化センターで開催されました。
 当日は、柏原重海町長をはじめ約60名もの出席者があり、外務副大臣衆議院議員岸信夫夫人や参議院議員北村経夫秘書、吉井利行県議会議員など、各方面から著名な方々も多数出席されました。
P1010517修正     P1010523修正
 冒頭、濱田憲昭商工会長が「上関町は人口減少が激しく、商工業者にとって大変厳しい状況です。一日も早い、上関原子力発電所工事の再開を願います。その為にも、皆さん一致団結して、頑張りましょう。」と挨拶されました。
 柏原重海町長からは「どこの町も人口は減っています。平成の大合併で目立たないだけで、特に一次産業の町は厳しい状況です。しかし、上関町には、中国電力という企業が入っています。未来を見据えた計画をたて協力し合って行かなければなりません。」との挨拶がありました。
 また、中国電力上関原子力プロジェクト長の山下正洋常務執行役員からは「上関原子力発電所は重要な電源であり、今後も全力で取り組んでまいります。皆様のご理解とご協力をお願いします。」と力強く話されました。
P1010534 P1010540  互礼会は、終始、和やかな雰囲気の中で行われ、予定していた2時間は、あっという間に過ぎ、西山明宏幹事の中締めで会が閉じられました。
 上関町は、一次産業、二次産業、三次産業とどれも大変厳しい状況ですが、「一次産業+二次産業+三次産業=六次産業」それぞれの長所を伸ばし、短所を補うことが、今の上関町にとって大切だと思います。そして、特産品の開発、販売経路の拡大など商工会がリーダーシップを取り、上関町の未来に向けて、一致団結し、協力し合い、進んで行くことを願います。
 頑張れ上関町!頑張れ上関町商工会!!


2017年
1月13日

平成29年 上関町消防団 出初式

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 1月4日、上関町総合文化センターで、上関町消防団による出初式が行われました。
 天候にも恵まれ、約160名の団員が参加し、総合文化センターの周りを行進した後、多目的ホールで式典が行われました。
1483776484396 1483776413719  
 式典では、柏原町長をはじめ来賓の方の挨拶や団長による訓示に続き、永年にわたり地域の消防活動に貢献された方々の表彰式が行われました。
1483776381912 1483776542978  
 最後に、各分団に分かれ、海に向かって放水が行われました。
 消防団は、町民の「命と財産を守る」ことを使命に、日頃から訓練や消火栓の点検を行い、有事の際はいち早く駆けつけます。
 上関町には7つの分団があります。
 今年は海も穏やかで、八島、祝島の団員も参加し全分団が集結しました。
 なかでも、祝島は室津分団に次ぐ38名が参加されていました。
 同じ使命をもった上関町消防団として、防火デーなど合同で訓練を行い、親交を深め協力していくことが、上関町の発展に繋がっていくのではないかと思います。
 上関町消防団の皆さん、今年もよろしくお願いします。


2016年
11月28日

山口県豊魚祭 合同開催 愛ランドフェア

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 天候に恵まれた11月20日、上関町総合文化センターと道の駅「上関海峡」周辺で、山口県豊魚祭と愛ランドフェアが開催され、6,500人の来場者で賑わいました。
1479624242012 1479624339701
1479624367835 1479624412705  
 午前9時半から行われた豊魚祭の式典では、森友実行委員長のあいさつを皮切りに村岡県知事や柏原町長から祝辞が述べられました。その後、『森・川・海 自然の恵み いつまでも』をテーマにしたポスターの入選者の表彰式が行われました。
 最後に、総合文化センター・道の駅「上関海峡」裏の岸壁からトラフグやキジハタ等の稚魚の放流が行われ、式典は終了しました。
 今回、初めて豊魚祭を拝見しましたが、私は自然の恵みに感謝し、守っていく漁師さんたちの想いに感銘しました。
 今、漁獲量が減りつつあると聞きます。養殖や放流といった事業で漁獲量が増え、漁師さんたちの生活がより良いものになって欲しいですね。

 愛ランドフェアでは、特産品、活き車えび、車えび関天丼の販売や、チューリップ球根のつかみ取りなどに長蛇の列が出来ていました。特に、活き車えびは、あっという間に売り切れていました。

1479624456689 1479624543565
1479624500437
 写真は「車えび関天丼」です。
 カラっと揚がった車えびは、頭も食べられとても美味しかったです。
 また、今年は豊魚祭にちなみ、近隣の漁協も出店して新鮮な海産物販売が行われ、訪れた人は喜んで買われていました。
 午後からは、5人一組で生きたあなごをバトン替わりに持ってリレーする「あなG0リンピック」が行われました。優勝チームには、豪華景品が贈られます。今年は15チームが参加し、熱戦を繰り広げました。最後に、もちまきが行われました。
1479624774343 1479624839091
 これからの季節、道の駅「上関海峡」の店頭には、たくさんの山の幸・海の幸が並びます。
 皆さん、ぜひお立ち寄りください。そして、上関海峡温泉「鳩子の湯」で、心も体も癒されてみてはいかがでしょうか。
 おいでませ「花咲く海の町 上関町」へ!