新着記事

2015年
5月25日

上関原子力発電所建設予定地の公有水面埋め立て免許

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 上関原子力発電所建設予定地の埋め立て免許の延長を巡り、中国電力は15日に、山口県へ6回目の補足説明の回答を郵送し、18日には、工事期間を更に3年延長する申請書類を提出したと記事にありました。
 村岡嗣政知事は「公有水面埋立法に基づき、適正に審査する」とあらためて述べ、回答の内容によっては再度補足説明を求める可能性も示されていました。
 これまでも、村岡知事がおしゃっているように、県は法に基づいて適切に判断されるものと思ってます。
 しかし、上関町は、高齢化、著しい人口減少など、大変厳しい状況です。
 多くの上関町民は、原子力発電所建設を契機とした活力ある豊かな町づくりの実現を一日も早くと望んでいます。
 原子力発電は、エネルギー基本計画で重要なベースロード電源と位置づけられていますし、安定的なエネルギーの確保や、CO2排出の問題など、日本の現状を考えると、今後も原子力発電の活用は不可欠です。上関原子力発電所が必要であることにも変わりはないと考えています。
 一日も早い、工事再開を望みます!


2015年
5月11日

エネルギーミックス

カテゴリー:blog | 投稿者:佑ちゃん

 経済産業省のエネルギーミックスについての2030年時点の電源比率が表にでてきました。やっぱり気になる原子力発電の比率ですが、20%~22%という事になるようです。残念ですが、原子力発電所の新増設に関しては、未だにグレーゾーンのようです。
 前に投稿させてもらった時に書かさせていただきましたが、特例で最長20年運転延長という内容もありますが、とりあえず、原子力発電所40年廃炉というものが決定されています。この事を踏まえ原子力発電所をこれからも重要なベースロード電源として使用していくならば、必ず新増設の議論が行われないとおかしい事になってしまいます。
 3年ごとに改めて電源構成を見直すようですが、いつまでも原子力発電所を腫れ物を触るように扱っていて本当に良いのでしょうか。
 政府には今回のエネルギーミックス議論の中に、原子力発電所の新増設に対する文言を、是非とも明記して頂きたいと強く望むばかりです。


2015年
5月7日

ドローン

カテゴリー:blog | 投稿者:佑ちゃん

 ドローンという無人飛行物体が首相官邸屋上に墜落しているのが見つかったようです。
 ドローンにはカメラが取付けられ、セシウムと見られる物質も付けられていたとの事です。このドローンを操作していたとみられる人物は、原子力発電所再稼動反対派の40歳代の男との話があります。その事が本当であるならば、反対の仕方がイビツだなと思いました。再稼動反対派の方々が全部こういった反対活動を行っている方とは思えませんが、反対活動のやり方が、沖縄の辺野古にも見られるような過激な活動家と一緒のように感じました。違法行為をしておきながら「 自分達のやる事は全て正義、また平和活動だ。 」 と言う。
勘違いも甚だしい。「 ある意味平和活動を隠れ蓑にしたテロ活動家 」 と言われても仕方がないのではないでしょうか。
 ドローンという無人飛行機は、使い方によっては非常に便利な物です。人が行けない所に行き、現場を把握したり、(広島での豪雨災害時に使用されました。)離島への物資を運ぶという実験も行われているそうです。
 何でも使い方を間違えば、危険な物になってしまいます。ドローンにしても、自動車にしても、包丁にしても、人間が使い方を間違ってしまったら、非常に便利なものが非常に危険な物になってしまい本末転倒状態です。
 ある意味、原子力発電所も同じ事がいえるのではないでしょうか。原子力は原子爆弾にもなるが、発電に使えば私たちの生活を豊かにしてくれる。使い方次第で良いものにも悪いものにもなるということです。今から原子力規制委員会でチェックを受け、合格した原子力発電所が徐々に再稼動していく予定となっていますが、各電力会社には、福島のようなことが二度と起こらないよう、安全対策には万全を期していただきたいです


2015年
4月28日

判決

カテゴリー:blog | 投稿者:佑ちゃん

 最近、関西電力高浜原子力発電所や九州電力川内原子力発電所の再稼動可否を問う裁判が行われていました。
 片や再稼動を認めない判決、片や再稼動を認める判決、という相反する判決がだされました。
 個々に立地条件や電力会社も違うので、一概には言えないと思いますが、私なりに疑問に感じた事があります。再稼動を認めないと言う判決に対してですが、その内容を読む限り、原子力規制委員会自体を全否定するかのような内容でした。
 これって何でしょう?
 世界最高レベルの安全規制を定めて再稼動の是非を決めている規制委員会。この事を否定するのであれば、政府が決めた事自体も否定する事になるのではないでしょうか。
 私は上関原子力発電所建設計画に賛成の立場の人間です。ですが、規制委員会がダメといわれる原子力発電所は再稼動するべきではないと思っています。そのぐらい規制委員会は様々な観点から厳密な調査をして原子力発電所の安全性を検査していると思っているからです。
 同じ事の繰り返しになりますが、この世の中にゼロリスクというものはありません。太陽光や風力、新エネルギーといわれるものに対しても、ゼロリスクというものは一切無いと思います。
 今回の高浜に対する判決には、最初からゼロリスクに基づく判決に見えてしまいます。反対に川内の判決は、科学的検知を考慮した妥当な判決に見えました。 司法には、もう少し現実的な判決を望みたいです。


2015年
4月27日

もうすぐゴールデン・ウィーク

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 もうすぐゴールデン・ウィークです。。
 そこでちょっと上関町についてお知らせします。
KIMG0703 KIMG0704
 オープンして初めてのゴールデン・ウィークを迎える道の駅「上関海峡」。更に品数も増やし、グレードアップして皆さんをお待ちしています。
 その隣には総合文化センターが完成しました。5月1日オープンです。
KIMG0706 KIMG0695
 道の駅の前に文化財「四階楼」があり、近くには海峡温泉「鳩子の湯」もあります。道の駅との相乗効果もあってか、毎日、多くの人で賑わっています。
KIMG0696 KIMG0710 KIMG0708 KIMG0700 KIMG0699 KIMG0694 KIMG0692 KIMG0690
 “花咲く海の町”上関町の沿道には、沢山の春の花が植えられ、訪れる人たちの目を楽しませています。
 その他、室津地区の「皇座山」、上関大橋を渡れば「上盛山」や「城山歴史公園」・「ご番所」・「中の浦海浜公園」等など見どころいっぱいです。
 ゴールデン・ウィークは、ぜひ“花咲く海の町”上関町にお越し下さい。おいでませ上関町へ!!