上関みらい通信Topics

2011年
7月4日

炊飯器

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 我が家の一升炊きの炊飯器が壊れた。我が家は、四世代七人家族の時があった。その時は、一升炊きの炊飯器を朝と夕の二回使っていた。今は、四人家族。朝炊くと、それで済み。

 四世代七人家族の時、隣町の病院に祖母が入院。私は、五年間、毎日通った。しかし、ずっと病院には居られない。上関町には、祖母を入居させる施設も無い。そんな時、近隣の田布施町に田布施苑(特養)ができ、「町外枠で入れます」と言われ、祖母を入居させてもらった。

 やっぱり、入院の時と同じ様に、毎日通っていたら、苑の人に「家族の負担を軽減するための施設です」って言われた。そうだよな、そのための施設だよな。

 祖母は十年以上前になるかな、94歳で亡くなった。

 今、上関町には、電源交付金により、上関苑(特養)ができている。高齢化を抱える町には大切なもの。

 二男と炊飯器を買いに行く途中に何気なく思った。また、一升炊きを買ってしまった。

 今は、四人家族でも、上関町が発展することにより、家族は増えると信じている。そのためには、原子力発電所建設による町づくりが必要。そして、より安心、安全な原子力発電所建設を望んでいる。

コメントは受け付けていません。