上関みらい通信Topics

2012年
3月22日

上関町 室津地区

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 写真は、上関町室津地区の漁港の様子です。
 だいぶ春めいて来た、なぎの日の朝。
 漁師さんたちがタテ網にかかった魚の選別作業に追われています。
 主に、メバルです。メバルはこれからが旬で、煮付けて良し、焼いて良し、から揚げにしても良しでおいしい魚です。
 ちなみに私は、煮付けが好きで、今の時期が旬のワカメと一緒に煮付けると大変おいしいですよ。
 また、生ワカメを酢醤油やドレッシングで食べるのもおすすめです。
 漁師さんたちに漁の様子を聞くと「去年も悪かったけど、今年はもっと悪い」と言われていました。
 ワカメ漁も悪いと聞いています。
 このままでは漁業も衰退してしまうのではないかと思います。
 中間育成や漁場の整備などを行い、魚を増やしていかなくてはなりません。
 電源交付金を活用した漁礁設置は平成4年から行われています。
 上関町のおいしい魚を食べてもらうためにも財源が必要です。
 私たちは、電源交付金による町づくりに想いを寄せています。
 そのためにも、安全性の確保された「安全・安心」な原子力発電所建設を望みます。

 今日、一番、得したのは、お裾分けのメバルをおいしそうに食べている「子猫」かもしれません。

コメントは受け付けていません。