上関みらい通信Topics

2012年
4月16日

 3月15日(日)晴天。
 上関小学校グランドにて、上関町総合型地域スポーツクラブのプレ事業として、サッカークラブFORZAが主体となり「サッカー・フェスティバル」が開催されました。
 参加者は、小学生15名と指導者や団体チームを合わせ約60名でした。
 午前9時より小学3・4・5年生を対象に基礎練習が行われ、昼食(休憩)を挟み午後1時半より小学生同士の練習試合と町内の団体(大人たち)による親善試合が行われました。
 上の写真は午後の開会前の教育長の挨拶です。
 教育長も長年サッカーに携わってこられ、午前の子どもたちへの指導にも熱が入り、自ら走り回っておられました。(上から二番目の写真中央)
 午後からの子どもたちの練習試合も審判をされ、楽しそうでした。
 子どもだちも午前中は基礎練習で、ちょっと辛そうな表情も見られましたが、午後からの練習試合では、みんな大きな声を出し、真剣にやっていました。専門的なスポーツに接することで、厳しさと楽しさを学んでもらいたいと思います。
 また、午後からの各団体による親善試合は、3チームということもあり、リーグ戦で行われました。
 参加チームはFORZAサッカークラブと役場チーム、そして中国電力チームです。
 オレンジの蛍光色のド派手ユニホームが中国電力です。実力の程も、まあまあかな。
 役場チームは、急場の寄せ集めっていうと失礼かな。
 総合型地域スポーツクラブにとって、一番大切なことはたくさんの人に参加してもらい、理解と協力を得ていくことだと思います。
 そういった意味から、今回、役場チームや中国電力チームの参加は大変意義があると思います。
 特に、中国電力の参加です。いつもいろいろな行事や催し物に協力していただいてます。上関町の将来を担う基幹産業として、「共存、共栄」しながら町の発展に寄与していただきたいと思います。

 今回は「サッカー・フェスティバル」ということもあり、上関町では、珍しく若い人たちが集いました。こういう集いにより、子どもたちは元より、若い人たちが繋がりを深め、上関町の将来を担っていってもらいたいと思います。「人づくり・町づくり」

 最後に、FORZAサッカークラブの皆さんありがとうございました。これからを楽しみにしています。

コメントは受け付けていません。