上関みらい通信Topics

2012年
6月14日

太陽光発電

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 再生可能エネルギーが注目される中、一般家庭では、太陽光発電が急速に普及しているらしい。
 設置にあたって補助金が下りるけど庶民にとっては、やはり高嶺の花。それに、ソーラーパネルを取り付けたら、それで終わりって訳にはいかないみたい。パネルが汚れれば、発電量が減るので、掃除をしたり、各種の機器を定期的に交換したり、結構、維持管理費が掛かるようだ。また、設置向きによっても発電量が違い、そんなの無視で、勧める業者も多いと聞くし、古い瓦屋根には良くないとも聞く。なにより、固定価格買取制度では、発電された電気は電力会社が法律で定められた価格で買い取り、電気の使用量に応じて、電気を利用する人全員で負担するもので、電気料に上乗せされる。う~ん、庶民の懐を圧迫する。
 こういうこと書くと、太陽光発電が嫌だ、嫌がってるって思われるのでしょうか?再生可能エネルギーは、これからのエネルギー政策にとって必要だと思う。太陽光発電ももちろん必要。だけど、資金力がある方が設置して発電されるコストを全員で負担するというこの制度は、私たちの暮しに本当に良いものなのか疑問を持ってしまう。
 これからのエネルギー政策において、電気の安定供給を考えると原子力発電はやはり必要ではないのでしょうか。「安心・安全」の確保された新規建設が期待されていると考えます。

コメントは受け付けていません。