上関みらい通信Topics

2013年
4月12日

4月11日参議院山口選挙区補欠選挙告示

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 11日に告示された参議院山口選挙区補欠選挙に4名が立候補しました。
 山口県は上関原電計画を抱えています。2名の候補者は「脱原発」を訴え、この選挙を戦っていくようです。
 確かに3.11の福島第一原子力発電所の事故以来、原子力発電所に対する世論は厳しいものがあります。また、先日も同発電所では、地下貯水槽からの汚染水漏れがあり、事故処理が難しいことも確かです。
 昨年末に、自民党政権が誕生し、安倍総理の掲げる「アベノミクス」効果により、日本経済が徐々にではありますが上向きになっている現状において、更に経済を活性化させていくためには、エネルギー政策、すなわち、電力の安定供給が重要課題であることは、誰もがわかっていると思います。
 原子力は危険だから廃止で良いのでしょうか。私は違うと思います。電力の安定供給や環境問題(CO2削減)を考えると原子力発電所は必要だと考えます。
 もちろん、原子力発電所の再稼働のためには、政府により2度と同じような事故を発生させないための新たな基準が策定され、その基準を満たす必要があります。そして、新規建設であれば、確実に基準をクリアすることができるのではないでしょうか。
 確かに、今回の選挙では上関原電が争点の一つになっているようです。しかし、それだけではなく、山口県を活性化し、豊かにしていくためにはどうしたらよいのかも、合わせて考えるべきだと思うのです。
 上関原電は上関町の明るい未来を実現するために、必要不可欠なものです。勿論、山口県にとっても同じことと思います。
 皆さんには、是非、冷静にじっくりと考えてみていただきたいと願うばかりです。

コメントは受け付けていません。