上関みらい通信Topics

2013年
6月12日

上関町 これからが旬のハモ

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 上関町の水産会社の水槽を覗いてみました。
 
  
 オコゼ、オオクチ(ヒラメ)、アカエイ、鯛、そしてこれから旬をむかえるハモが泳いでいました。
 山口県の瀬戸内沿岸で獲れるハモを「西京ハモ」と言います。特に近隣の光漁協が有名ですが、味では上関町のハモも負けません。何故かと言うと、ハモ漁は、ほとんどが底引き網漁ですが、上関のハモ漁は延縄(ハモ縄)漁だからです。
 ハモ縄で獲れるハモは傷が少なく新鮮で絶品です。
 
 ハモ漁に使われる延縄です。今はスルメイカがエサに使われています。ちょっと贅沢な感じがします。エサは、時期によってテナガダコやデンゴ(小アジ)を使ったりするそうです。
 ハモは、湯引き、刺身、フライ、しゃぶしゃぶなど、色々な料理があります。どれもとても美味しいですよ。
 海峡温泉「鳩子の湯」のレストラン瀬里家プエルトでも、季節料理としてメニューに載っています。まだ先になりますが、来月の20日(土)に開催される「水軍まつり」でも、ハモ料理が販売されると思います。
 上関町に来られた際には、是非、今が旬のハモ料理をはじめ、新鮮な魚介類を堪能されてはいかがでしょうか。

 おいでませ、美味しさいっぱい、上関町へ!

コメントは受け付けていません。