上関みらい通信Topics

2013年
7月12日

参議院議員選挙2

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

  参院選にあたり、今の上関町にとって何が必要で何が大切か、各政党の公約を見たり聞いたりする中で、若手町議と話しをしたところ、やはり自民党の選挙公約が最も信頼できる内容であると、多くの町民は感じているようです。
 上関町は30年以上にわたり、原子力発電所建設計画と向き合ってきました。現在、準備工事が一時中断している中、町会議員による「地域ビジョン検討会」が発足され、原電に頼らない町づくりも模索されましたが、やはり、ここまで過疎化や高齢化が進むと、課題も多く,非常に困難な現状のようです。
 一方、原子力発電所建設に反対されている町議さん方を見ていると、ただ建設を阻止することだけに注力されているように見え、町づくりに関して、有効な代替案があるようには、どうしても思えません。
 山陰の地方紙の情報によると、漁業補償の件に関しても、祝島の人達の補償金の受け取りを阻止するため、個人の意志に構うことなく、その方の権利を奪うような行為が平然と行われているようです。島の代表者でもある、町議は何も感じないのでしょうか。私には全く理解できません。
 私たち上関町民にとって、今最も大切なのは、上関町の未来です。原子力発電所建設の阻止だけを目的とした、上関町に関係のない、町外の反対団体や政党に押し流されるのでなく、推進、反対の枠を越え、互いに協力し、町づくりを真剣に考えて行くことが、今すべきことではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。