上関みらい通信Topics

2013年
10月11日

『上関 どんでん祭』

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 近頃、朝夕になると、太鼓の音と共に子供たちの「どんでん、えいやさあー」という掛け声が町に響きます。
 『上関 どんでん祭』に備えて、子供たちが練習しています。この音を聞くと秋が来たんだと実感します。
 その練習を、熱心に指導しているのが、上関地区の祭りを保存・継承している「かまどがせき会」の会長菊村洋之さんです。
131010_1704 131010_1705
 『どんでん祭』は、上関地区に伝わる伝統的な秋祭りです。
 1トン以上あるどんでん(山車)に4人の子供(小4~小6)が乗り、大人20人以上が担ぎ上げます。
 どんでん(山車)は、神社の神輿の「つゆ払い」をしながら町を練り歩きます。
 昔は、三台のどんでん(山車)があり、ぶつかり合い、その様は勇壮でしたが、人口減少により、子供の数や担ぎ手が減り、今では1台になりました。ただ、1台であっても、町を練り歩く様は今も勇壮そのものです。

 今年は、10月13日(日)に行われます。

 是非みなさん見に来てください。おいでませ上関町へ!

コメントは受け付けていません。