上関みらい通信Topics

2014年
5月8日

ゴールデン・ウィーク

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 ゴールデン・ウィークの最中、『自民党の秋本真利衆議院議員が祝島に訪れた』との新聞報道を目にしました。
 自民党のエネルギー政策議員連盟事務局長を務めている秋本衆院議員は、「上関の現状を党に報告し、議論したい」と述べた上で、「党は再稼働を認めていても、新増設の結論は出していない」と指摘し、住民との意見交換にも臨んだとのことです。
 「上関の現状を党に報告し、議論したい」と言うのなら、何故、反対している一部の祝島の人達や反対活動をしている人だけの意見を聞くのでしょうか。現状を知るためには,建設を望む町民の声も聞かなければいけないはずです。上関町の多くの町民は、原子力発電所建設を契機に豊かな町づくりを望んでいるのです。
 今回の秋本衆院議員の行動は、明らかに恣意的であり、公平性を欠いています。また,多くの上関町民の心を無視する行為といえるのではないでしょうか。秋本議員には、国会議員としての自覚を持った行動をお願いしたいものです。
 多くの町民は建設を望み、原子力発電を今後も活用していく自民党政権に期待しています。

コメントは受け付けていません。