上関みらい通信Topics

2014年
7月2日

何かちょっと違う気がします

カテゴリー:blog | 投稿者:佑ちゃん

 ある祝島出身者のホームページに、山口県漁協祝島支店の赤字補填の為に、カンパを募って500万円集まったとのコメントが投稿されていました。
 ただ、このコメントされた方は「このカンパについて疑問に思っている。」との内容でした。
というのも「 なぜ、何処の誰だか分からない方たちに、カンパして貰わなければならないのか。漁師さん達の正当な権利である漁業補償金を貰えばカンパなど貰わなくても済む話なのに。 」というような内容でした。
 カンパは一時的なもので、補償金を貰えば、カンパなど必要なく赤字補填は成されていけるハズ。個人的には、この方の言うとおりではないか。と私は思いました。
 おそらく、反原発で生計を成している一部祝島島民が、いかにも 「 祝島全体が漁業補償金を貰わず、反原発の為に頑張っていますので全国の皆さん、カンパお願いします。」的な事を世の中に訴え、カンパの正当性を主張しているのでしょう。
 しかし、この様な事は、祝島の漁師さん達の総意の本音ではありません。祝島支店では、正当な無記名投票が行われ漁業補償金の受け取りが決定されています。こうした現実がありながら自分達に都合のよく解釈し、捻じ曲げて捻じ曲げて正当化しているように思えてなりません。
 自分達の私利私欲の為に、過激な反原発活動家を集め、祝島支店の総会を開けないようにし、違法な妨害行動を行い、漁師さん達の正当な権利である漁業補償金受け取りを阻止している。
 この様な事が何時まで続くのでしょうか?
 マスメディアさん。こういった事も報道してください。偏った報道ばかりしないで…..お願いします。

コメントは受け付けていません。