上関みらい通信Topics

2019年
1月22日

川口健治絵画展 (神楽絵と神楽の競演)

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 上関町出身の画家、川口健治絵画展が、1月19日(土)・20日(日)に、上関町総合文化センターで開催されました。

 川口健治先生が逝去されて、10年が経ちます。

 今回の絵画展では、先生が生前によく描かれていた神楽絵が数多く展示されました。

 そして、20日(日)には、広島県安芸高田市の「錦城神楽団」が上関町を訪れ、神楽絵の題材となった神楽の公演を行いました。

1547961688096 1547961719077

 演目は「鈴鹿山」と「八岐大蛇」の2つでした。

 「鈴鹿山」は、無敵のヒーロー坂上田村麻呂と、改心した夜叉丸が、協力して悪の親分犬神丸を倒すというストーリーです。

1547961774448 1547961882808 1547961922869 1547962006809 1547962053020 1547962018482

 「八岐大蛇(ヤマタノオロチ)」は、みなさんよく御存じの英雄スサノオノミコトが、八頭八尾の蛇、八岐大蛇を退治するという、有名なストーリーです。

1548046364055 1548046397827 1548046497537 1548046452477 1548046416356 1548046433169

 開演は、13時からでしたが、1時間前には長蛇の列が出来ていました。

 この日は、町内外から述べ350人が神楽を鑑賞し、素早い身のこなしや迫力ある演技に、大きな拍手が起こっていました。

1547966461436 1547966423740

 公演終了後には、衣装着付け体験が行われ、子どもたちは、衣装を身に着けて大喜びしていました。

 私も、久にぶりに見た神楽に感動しました。

 上関町祝島にも、千年前から受け継がれ4年に一度行われる、神舞という神事があります。

 古い伝統を守り、さらには新しいものにチャレンジし、上関町が発展していくことを願います。

 安芸高田市の「錦城神楽団」のみなさん、素晴らしい神楽の公演をありがとうございました!

コメントは受け付けていません。