上関みらい通信Blog

月別記事一覧/ 2011年1月

2011年
1月26日

上関町戸津地区浄化センター

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ



 上関町戸津にある浄化センターは農林水産省補助事業による農業排水事業です。
 これにより戸津地区の人たちは、海が綺麗になったと喜んでいます。
 しかし、上関町は殆どの地区で下水道の設備がなされていません。
 個人による合併処理層は助成金が有るとはいえ負担は大きなものがあります。
 これからの自然環境を考えれば下水道の整備は大切なことです。
 そのためにも、私たち上関町民は原子力財源による環境整備を望んでいます。


2011年
1月24日

上関町 神明祭

カテゴリー:blog | 投稿者:seto01

新春恒例の上関町「神明祭」が1月16日に行われました。

神明祭は、宮中で行われていた小正月(旧1月 14日)の行事『左義長』と、広島県忠海町の小早川家で行われていた軍神祭が結びついた祭りです。

上関では1604年、小早川家の家臣であった浦氏が領主になった時から始まりました。

1644年、浦氏が柳井市阿月に移ったことから、阿月でも行われるようになりましたた。こちらは国指定重要無形民俗文化財になっています。

現在、広島県の忠海町と上関町、柳井市阿月の3ヶ所で行われています。

当日は、午前11時に餅つきが始まり、きなこ餅やうどん(「浜の鯛なべうどん」という名前です)などが振る舞われました。

午後1時から神事があり、その後『かまどが関会』による神舞が舞われました。

午後3時前からご神体へ点火。

風が強かったため、ご神体の上まで燃え上がる前に倒されました。

強風に傾くご神体



鯛なべうどん



餅つき



きなこ餅



神事



神舞




2011年
1月24日

上関町 消防出初式

カテゴリー:blog | 投稿者:seto01

1月5日、上関町の各地区にある消防団員が参加して、消防出初式か行われました。

観閲式では、消防音楽隊の演奏に合わせて団員や消防車が行進。



中央公民館で行われた式典では、永年勤続表彰や消防団長による訓示がありました。

風が強かったため海が荒れて、祝島と八島の団員は残念ながら出席できませんでした。

埋立で行われた放水式は、向かい風で住宅のほうに飛沫が飛んでくるため、やや下向きに放水をしていました。


2011年
1月23日

川口健治絵画展

カテゴリー:blog | 投稿者:ITUTEI

上関町・町教育委員会主催の上関町出身・川口健治絵画展へ行きました。

ふるさとの絵等、油彩・水彩・鉛筆画とコレクションの浮世絵など100点ぐらい展示されていました。
里山風景や旧家など観ていると、古民家や昔の景観が失われつつある現在、いい知れない懐かしさを感じます。
また、神楽の絵は、多彩な表情と力強さで、今にも踊り出てくるようでした。

40年前、中学校の先生をされていた時に教育委員会の「上関・絵を画く会」で先生に絵を教えていただきました。
「仲良く、楽しく、きびしく、1つの美を求めていく」の主旨のもと、熱心に、やさしく、絵の楽しさを味わってほしいと、ご指導くださった若かった時のことを思い出しました。

川口先生の絵は、心癒され、活力を与えてくれます。全国の皆さんに観ていただきたいです。


2011年
1月22日

最近の上関町 田ノ浦 003

カテゴリー:blog | 投稿者:seto01

上関町田ノ浦の浜では、相変わらず町外の原発反対派が土のうを積んでテントを張っています。

訪れたのは風が強くて大時化の日でした。テントのすぐ近くまで波が打ち寄せていて、見ていて心配になるほどでしたが、中には2〜3人の町外者がいたそうです。

何をしているのでしょう。中電の動向を見張っているのでしょうか。

シーカヤックは町道に並べてありました。

確かにこんな日は町道を通る町民はいないでしょう。だからといって、通行の邪魔になるような置き方をしていいものではありません。

こんな日は、自分たちの住処であるログハウスに持って上がってはどうでしょう。

浜のテントと町道のシーカヤック