上関みらい通信Blog

月別記事一覧/ 2012年1月

2012年
1月6日

上関町消防団 出初め式

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 1月5日、上関町消防団の出初め式が行われ、約150名の団員が参加しました。
最初にパレード、そして式典と永年勤続等の表彰、最後に放水式が行われ一連の行事を終了しました。

 消防団は、有事の際に最前線で人々の安全を守らなくてはなりません。
 昨年の東日本大震災においても、多くの消防団員が人々の避難誘導や安全確保を行い、災害後の復旧活動にも尽力されています。
 しかし、震災において、亡くなられた消防団員も多いと聞きました。

 人々の「安全・安心」を守ると言うことは、危険と隣り合わせでもあります。
一番は、火事や地震などの災害が無いことですが、現実には、そうはいきません。その時に被害を最小限に抑え、安全を守るのが消防団の役目です。
幸い上関町では、ここ数年大きな災害はありません。
 しかし、上関町は人口減少と県下一の高齢化率のため、消防団員も高齢化しています。
 
 上関町の未来を考えると、若者が定住できる町にして行かなくてはなりません。そのためには、基幹となる産業が必要です。安全・安心な原子力発電所建設を望みます。
 


2012年
1月5日

上関町 鳩子の湯

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 正月三が日、鳩子の湯は、町内外からの人たちで大賑わいでした。
時間帯によっては、駐車場に入りきらず、埋立て地の臨時駐車場にも多くの車が停まっていました。

 実を言うと、私は、まだタイミングが合わず、鳩子の湯に行けていません。
私より先に、入浴した柳井や岩国の友達から「鳩子の湯、景色がいいね、綺麗だね」「上関町、いい温泉が出来て良かったね」と言われ、「ありがとう」って、ちょっと良い気持ち。
まだ早いんだけど、着実に、上関町の観光名所になってきました。
 
 皆さんも、ご存じと思いますが、鳩子の湯は、電源交付金を活用した施設です。
安全性が確保された原子力発電所は、地域の発展、経済の活性に必要なものです。「より安全・安心」この事は上関町民はもとより、皆さんが願ってることと思います。

 いろいろ書きましたが、皆さん2012年、上関町に「おいでませ」


2012年
1月4日

上関町 室津 白浜地区 初日の出

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 初日の出。 元旦は、曇り空で見えませんでした。

 今年は、上関町にとって良い年になればと願っています。

 しかし、東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故で、今なお辛い生活をされている皆さまのことを思うと、正月気分にはなりません。

 一日も早い、震災の復興を願い、皆さまのご多幸をお祈り申し上げます。