上関みらい通信Blog

月別記事一覧/ 2012年11月

2012年
11月29日

解散総選挙

カテゴリー:blog | 投稿者:佑ちゃん

 来月、衆議院解散総選挙が行われます。十数の党が乱立することで激戦が予想されます。
 選挙自体が盛り上がって投票率が高くなることについては、非常に良いことだと思います。しかしながら、今回の乱立については、民主党の離党者がいくつかの政党を立ち上げていることに少し違和感を覚えます。何だか民主党の支持率が低いから党を出て、世論受けすることばかりを公約に掲げ、国益ではなく自分たちのことばかりを考え、その場しのぎの選挙を行っていこうという意図が見え見えのように感じるからです。このような党の言い分は必ずと言っていいほど“反対・反対”の大合唱 ! 消費増税反対、TPP反対、脱原子力、再稼動反対、米軍駐留反対などなど、こんなことばかり言っている政党に日本を任せてしまって未来の日本が立ち行くのでしょうか?
 私はそうは思いません。常識ある国民であれば、こんなキレイごとばかりでは国は立ち行かなくなることは分かっているはずです。ある程度のリスクは受け入れ、それ以上のメリットを生むように全体で努力し、国民生活を守っていかなければならないのではないでしょうか!


2012年
11月22日

上関町長島天神広場

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ




 

 以前、室津埋立地での釣り人たちを紹介しましたが、今回は、上関大橋を長島方面に渡って車で3~5分くらいにところにある天神広場をご案内します。こちらも釣りスポットとして有名な場所です。
 小春日和の11月9日(金)、天気も良く、海も凪いでいて、絶好の釣り日和。数名の釣り人が防波堤から竿を投じていました。
 主にアジ狙い。なかには、ルアーフィシングで、70センチオーバーのサワラを釣り上げている釣り人もいました。
 この時期、サワラが湾内に入って来ているみたいです。
 海岸からハマチやサワラなどの大物が釣れる所はあまりありません。ぜひ、皆さん大物を狙いに上関町に来られてみてはいかがでしょうか。その際には、ゴミを持ち帰るなどのマナーを守り楽しんでいただくことをお願いします。
 また、これから寒さが増します。釣りで冷えきった身体を鳩子の湯とレストラン瀬里家~プエルト~で温めてはいかがでしょうか。
 おいでませ上関町へ!


2012年
11月19日

自立の道筋

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 先日、町内の方がある地方新聞に投稿された記事を見つけました。一方的な報道により信憑性の伴わない情報が蔓延している今の日本の現況について、書かれていることに感銘を受けましたので、ご紹介させていただきます。

自立の道筋
 「国破れて山河あり」これは、中国・唐の時代に官職であった杜甫の詩「春望」の一節である。四千年とも言われる中国の歴史は、戦禍の歴史でもある。
 わが国が先の大戦で焦土と化していた頃、国民は途方に暮れながらも、自立の道を懸命に模索していた。何処の家庭でも、日々食べていくことに辛苦していたが、一方では、極度に物資が乏しい中でも、人々が助け合う光景が随所で見られた時代でもあった。丁度、筆者が幼少の頃である。
 あれから六十数年。時代の主役は、私達から子や孫子へと徐々に移り、今の日本社会は、再び大きな曲がり角に差し掛かっているようである。
 昭和の時代に高度経済成長を果たした日本は、世界でも稀に見る豊かな国へと姿を変えた。その豊さは、形ある「物資」だけにとどまらず、メディアやIT等の発達を通じて、形のない「情報」の氾濫さえももたらした。使い方によっては人々の心を豊かにするのが「情報」であるが、時として人々を誤った道へと誘う厄介者でもある。
 近年、活字や電波を巧みに操る者達が、社会の中心から様々な情報を発信し、世の中の雰囲気を作り出しているのは紛れもない事実である。しかし、現況はどうか。真実かどうかの確認や信憑性の伴わない情報が蔓延し、意図的に操作された世論調査が政局を揺さぶる。さらに、それによって国政が著しく不安定化している。これまで先人達がコツコツと築き上げてきた国際的な信用も、ここに来て威信を失いつつある。また、「維新」と言う言葉を乱用し、先見性を欠いた政治家志望者達を煽り立て、さらなる混乱を増幅している。これが今の実態ではないか。
 国破れた極限状態から、今日の経済大国にまで築き上げてきた素晴らしい国民性のDNAは、何処で途絶えてしまったのか。誇り高き日本人の心に仇するような邪鬼達を成敗する真の英雄は、いつ現れるのか。杜甫の詩「春望」は、今の日本を物語っているようである。


2012年
11月16日

秋の火災予防訓練

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ





 11月9日(金)から15日(木)にかけ、秋の全国火災予防運動が始まりました。
 上関町では、11日(日)に合同火災予防訓練が行われ、祝島、八島を除く町内の地区消防団員111名が参加しました。
本来なら、町民グラウンドで、放水訓練などが行われる予定でしたが、雨天のため、町民体育館にて、各地区に分かれて基礎訓練と救急蘇生法の実施訓練を行いました。
 救急蘇生法では、心臓マッサージとAED(自動体外式除細動器)を使った実践さながらの訓練を団員一同、真剣に行っていました。
 上関町消防団は上関町民の安全と財産を守るために、春と秋に行われる火災予防訓練は基より、常日頃から防災に努めています。 ただ、過疎化に伴い団員も高齢化しており、今後若者が定住できる環境づくりが必要だと思います。そのためにも、一日も早い原電誘致による活性化が望まれます。
 頑張れ!! 上関町消防団。


2012年
11月9日

上関町 室津 埋立地

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ



 11月3日(文化の日) 上関町は愛・ランドフェアで町内外から多くの人出で賑わいました。
 それとは別に、町外から多くの方々が室津の埋立て地で、魚釣りを楽しんでいました。
 上関町は、海に囲まれ、有数の釣りのスポットとしても有名です。
 今、釣れている魚は、主にアジですが、その他に藻イカ(アオリイカ)やクロ(メジナ)、ハゲ(ウマヅラハギ)などが釣れます。中には、60センチ越えのハマチを釣り上げる人もいます。
 上関町にいろんな人たちが訪れ、上関町の良さを知ってもらうことは良いことです。そして、訪れる方々にはマナーを守り楽しんでいただけることをお願いします。
 上関町民は基より、上関町を訪れる人たちが快く楽しんでもらえるためには、いろんな面において整備が必要とされます。
 豊かな海、そして自然を守るためには財源や基幹となる産業が必要です。原子力発電所は地域と共存共栄できると思っています。そのためにも、安全性の確保された、より安心・安全な上関原子力発電所の建設が必要不可欠です。