上関みらい通信Blog

月別記事一覧/ 2013年9月

2013年
9月19日

上関町 室津地区 若者定住促進住宅

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 前回の「上関町の小中合同運動会」のブログでは、上関町は過疎化に伴い、急速に人口が減少していることを掲載しました。
 上関町は、雇用の場も少なく、住む所も少ないと言った状況です。半島と島から成り立つ上関町は平地が少なく、皆さんが思っている以上に、住宅地の地価が高い傾向にあります。
 どう考えても、若者が自力でこの町に定住するには厳しく、議会でも最優先事業として、何度かとりあげられたことがあり、数年前から、町による定住促進住宅が建設されています。
 住宅が出来上がり応募が公開されると、入居希望が殺到しくじ引きになるそうです。
130911_0709 130911_1651
 今年度、新たに若者定住促進住宅が室津地区に建設されています。
 まだ、整地が始まったばかりですが、何棟出来るのか楽しみです。
 この事業にも電源交付金が使われています。


2013年
9月18日

上関町 小中合同運動会

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 9月15日(日)、台風の余波が心配されましたが、子供たちの元気なパワーに後押しされて「上関町小中合同運動会」が無事開催されました。
130915_0945 130915_0944 130915_0948 130915_0943
 上関町では、平成19年より、小中合同運動会が開催されています。
 現在、上関町の小学校の児童数は上関小学校70名、祝島小学校3名、上関中学校の生徒数は53名となっており、年々減り続けています。
 合同運動会は利点もありますが、児童数、生徒数の減少により、やむを得ずという側面もあると思われます。
130915_1009 130915_1008
 上関町は、急速な過疎化に伴い、子供の数も減るいっぽうです。この一番の理由は、上関町内に子育て世代の親達が働く雇用の場が少ないということです。
 いつまでも、子供たちの元気な声が響く上関町であるためにも、基幹産業が必要ではないでしょうか。上関原子力発電所は十分な基幹産業になり得ると思います。

 一日も早い、準備工事再開と、『より安心・安全な原子力発電所』の新規建設を望みます。


2013年
9月17日

上関 海の幸

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

初秋、水産会社の生簀を覗いてみました。
130911_0833 130911_0833
水槽には、鱧と2キロを超えていそうな河豚がいました。
また、ちょうど鳩子の湯の瀬里家プエルトの板長が仕入れに来ていました。
130911_0837 130911_0833
130911_0832 今朝、水揚げされたばかりのメバルと鱧を板長が吟味。早速、メバルの下ごしらえが始まりました。
 新鮮なメバル、煮つけにしても唐揚げにしてもプリプリの身がはじけて美味しそうです。鱧もこれからの時期、しゃぶしゃぶなんかも美味ですよ。

 今から食欲の秋本番です。
 是非、上関に来られて、上盛山の360度パノラマの絶景を楽しみ、上関歴史城山公園から海峡を行きかう船を眺めたら、鳩子の湯で体と心を癒し、瀬里家プエルトでメバルや鱧などの新鮮な海の幸に舌鼓を打たれてはいかがですか。
 その他にもいろいろ美味しいものが沢山あります。
 おいでませ上関町へ!


2013年
9月17日

ふれあいかかしまつりin白井田

カテゴリー:blog | 投稿者:クレヨン

かかし今年も上関町の白井田コミュニティー広場に交通安全を見守る案山子が出動します。
(※写真は昨年のものです)

これに合わせて,「ふれあいかかしまつりin白井田」が開催されます。

 

かかし2

概要は下記の通りです。

◆日時 10月6日(日)10時~
◆場所 白井田港公園及び白井田文化福祉センター
◆内容 特産物の販売・軽食コーナー
    町内サークルによる展示・体験コーナー

 

白井田は上関大橋を渡って,15分くらいのところにある集落です。

地図美しい海と自然に囲まれた静かなところで美味しい上関の特産物を堪能しに来られませんか?

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

 

 

 


2013年
9月12日

上関町消防団第2分団(室津1・2班)

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

130911_1842 130911_1843 130911_1843 130911_1844 130911_1941 130911_1941
 21日の『山口県消防操法大会(小型ポンプの部)』まで、あと10日となりました。
 今日は、柏原町長も激励に来られ、選手はもとより、消防団全員が一致団結し、訓練をする姿を視察されました。
 大会に参加することで、操法は勿論ですが、団の礼儀、秩序が身に付き、精神面が鍛えられます。このことが、有事の際に活かされます。
130911_1840 130911_1913
 『山口県消防操法大会(小型ポンプの部)』は、競技の時間と正確性を競います。
 選手の連携もとれて、訓練するごとに競技時間も短くなってきました。
 大会が楽しみです。