上関みらい通信Blog

月別記事一覧/ 2014年3月

2014年
3月13日

東日本大震災から三年

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

3.11東日本大震災の被災地では,福島第一原子力発電所の事故処理をはじめ,東北地方全体の復興がなかなか進まず、私自身,もどかしい思いです。被災された方々の心痛は想像を超えるものとお察しいたします。
福島第一原子力発電所の事故以降、上関原子力発電所の準備工事も一時中断されていますが、県下一の高齢化率・雇用や財政等々・・多くの問題を長年抱える私たち上関町民は、原子力発電所建設を契機とした「豊かで活気ある町づくり」をずっと目指しています。
もちろん、二度と福島第一原子力発電所の事故を繰り返してはなりません。その為にもこの事故から学んだ教訓をしっかり活かし、新しい安全基準に沿った安全・安心な発電所を建設していただきたいと思っています。
私は、それができると信じています。
国の新しいエネルギー政策案では、原子力を「重要なベースロード電源」と位置されていますが、具体的な事は決まっていません。もちろん、多くの国民の中には、福島第一原子力発電所の事故処理が終わらない今、原子力発電に対して大きな不安があるのも事実かと思います。
しかし、安定した電気は、私たちの生活に必要不可欠なものですし、いつまでも化石燃料に頼ることはできません。さらに、地球環境問題の面からも原子力発電は必要なものだと思います。国には、様々な課題を総合的に判断していただき、安全審査に通った既存発電所の再稼働だけでなく、それ以上に安全性を確保しやすい新規原子力発電所の必要性についても、近い将来、しっかり国民に示していただきたいと切に願っています。
最後になりましたが、私たち上関町民も被災された方々のことをいつも心にしています。東日本大震災からの一日も早い完全復興をお祈りしています。


2014年
3月11日

同じ事の繰り返し

カテゴリー:blog | 投稿者:佑ちゃん

非常に残念ではありますが、3/4に予定されていた祝島支店の総会は,昨年8月に続き ,「反原発活動家 」 や 「 ごく一部の反原発ビジネスで生計を立てていると思われる島民 」 らによって妨害され延期されました。結果論から言えば、想定できた事なのかもしれません。しかし、いつまでこういった違法行為 ( 人権無視や権利無視 ) が続くのでしょうか。
総会が行われる予定日の前週末に、島の町会議員さん(島民の会代表)他数名が、山口県漁協本店に 「 過半数にのぼる祝島支店組合員の漁業補償金は受け取らない旨の署名 」 を渡したとの報道を、新聞、テレビで目にしました。この署名が祝島支店組合員の過半数による意思であるなら、正々堂々と総会を開いて、改めて受け取り拒否の決議をすればすむ事なのに、何故にここまで総会を頑なに妨害、阻止しようとするのでしょうか。
前回の議長選出が規約違反にあたるとか、前回の決議は無効だとか、私たちに説明がない( 準組合員にはそもそも議決権はないはずですが・・・ )とか。結局、あれこれ因縁をつけては、妨害、阻止をする。百歩譲って島民だけがやっている行為ならならまだしも、祝島や上関町には直接関係のない部外者(活動家やネットの呼びかけで集まった人 )たちが中心となっての妨害、阻止行動。常軌を逸した行動としか言いようがありません。
何も知らない一般の県民は、この様子をメディアで見てどの様に感じるでしょうか。おそらく、善良な祝島の人たちが一生懸命、悪者の県漁協を上陸させないようにしている様に見える事でしょう。

しかし、現実は全く違うのです。祝島の純粋な島民は、ほんのごく一部で、前面にたっているのは、大半が、部外者なのです。

島の町会議員さん( 島民の会代表 ),前回もコメントしましたが、いい加減にしませんか。もうこの様なバカげた事は終わりにしませんか。祝島にも上関町にも、決して良い事にはなりません。特に議員という公的な立場にある以上,他人の権利に対して,より慎重に判断すべきとは考えられないのですか。上げた拳が下ろせないのは分かります。ただあなたのこの様な軽率な行動が、祝島島民をはじめ、多くの上関町民の迷惑行為になっている現実をもっと真剣に考えてください。あげた拳を下ろすには相当な勇気がいることでしょう。しかし、祝島支店組合員の方々も勇気をもって前回の総会で補償金に関する事を、今まで一般的ではない挙手採決というやり方から、無記名投票という一般的なやり方に変え,ようやく本心から結果を下したのです。次はあなたが下す番です。勇気を出しましょう。


2014年
3月10日

県漁協・祝島支店での漁協補償金の分配決議

カテゴリー:blog | 投稿者:事務局

過日(3/4)、県漁協・祝島支店で漁業補償金の配分決議の為に、県漁協・本店より仁保専務と数名の職員が祝島に渡島しようとされました。
しかし、原発反対を掲げる島民らの妨害行為にあい、上陸を断念せざる負えない状況となりました。「島民ら」と書きましたが、一部の過激な反対派以外は多くの島外者、つまり、部外者が中心であったとのことです。
補償金の早期の配分を強く望んでいる漁業組合員も多くいると聞いています。漁業者でもなく、島民でもない無関係の者が中心となって妨害し、今回も中止になったことは、大変残念で、強い憤りを覚えます。
一部の過激な指導者や島外者は、「原発反対」という大義名分のもとでなら、何をやっても許されると勘違いしているのではないでしょうか。このような事態を、悲痛な思いで受け止めている島民も数多くおられるようです。
漁業補償の受け取りについて賛否両論があるにせよ、やはり、当事者である祝島の漁業者の皆さんが、しっかりと議論し、自分たちの意思を採決することが大切ではないでしょうか。一日も早く祝島のこうした状況が正常化することを願っています。
町連協としては、上関原子力発電所建設を契機とした豊かなまちづくりに向け、町内が一致団結出来る事を願い、更なる活動に取り組んでいきます。
今回も、妨害行為を主導されたのは、ある上関町議会議員だったとのこと。他者の権利を侵害することは、何人だろうと決して許されるものではありません。特に公職にある議員には、自らの立場や良識をしっかり考えて行動していただきたい。強く抗議します。


2014年
3月10日

不思議の島 祝島

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

既に各種マスコミ報道でご承知の方も多いと思いますが、先日、県漁協祝島支店に於いて漁業補償金の分配決議が行われるはずでしたが、中止に追い込まれていました。
テレビニュースでは、県漁協本店から来た職員を、祝島に上陸させまいと多くの人が取り囲み、無理やり船に押し返すといった映像が流れました。
昨年8月の時もそうでしたが、『ここは日本なの?』と思ってしまいました。
祝島の知人に聞いたところ、取り囲んでいたのは殆どが町外からの過激な活動家で、島民は、ほんの一部だそうです。
実際は、漁業補償金の分配を望んでいる漁師さんたちは多いと聞いています。何故、なんの関係も無い町外者が妨害しなくてはならないのか。これは、誰が見ても違法としか思えません。
このようなことを繰り返していいのか?指導者である町会議員の方には、今一度自分がやっていることをよく考えていただきたいと思います。こうした強引な妨害行為が、決して、祝島島民(漁業者)の為になっていないことに気づいて欲しい。
一日も早く本来の自由な祝島に戻って貰いたいと思います。


2014年
3月4日

山口県 東部地区

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

山口県の岩国市から周南市までを東部地区と称されます。
上関町もその中に含まれます。
東部地区は、上関原子力発電所や岩国基地や徳山駅商店街など様々な課題が山積している地区でもあります。
岩国市は、2012年の岩国錦帯橋空港の開設に伴って活気を帯びてきています。また、徳山駅前は、昨年、大手デパートの近鉄松下が閉店し、街の活気が失われたかに思われましたが、中のテナントが商店街に移転し、駅ビルの建て替えなども相まって、少しずつ活気を取り戻そうとしています。
この間に位置する上関町も、原子力発電所建設を契機とした活気ある豊かな町づくりを目指しています。原子力発電所建設は、上関町だけでなく、周辺地域にも活気(産業振興・雇用・電源交付金)をもたらしてくれます。
将来に向け、活気ある東部地区をつくって行くためにも、上関原子力発電所建設は必要なものです!
「安心・安全な原子力発電所の建設に向け、みんなで盛り上げていきましょう。村岡新知事、東部地区の発展の為のご支援お願いします。」