上関みらい通信Blog

月別記事一覧/ 2015年4月

2015年
4月28日

判決

カテゴリー:blog | 投稿者:佑ちゃん

 最近、関西電力高浜原子力発電所や九州電力川内原子力発電所の再稼動可否を問う裁判が行われていました。
 片や再稼動を認めない判決、片や再稼動を認める判決、という相反する判決がだされました。
 個々に立地条件や電力会社も違うので、一概には言えないと思いますが、私なりに疑問に感じた事があります。再稼動を認めないと言う判決に対してですが、その内容を読む限り、原子力規制委員会自体を全否定するかのような内容でした。
 これって何でしょう?
 世界最高レベルの安全規制を定めて再稼動の是非を決めている規制委員会。この事を否定するのであれば、政府が決めた事自体も否定する事になるのではないでしょうか。
 私は上関原子力発電所建設計画に賛成の立場の人間です。ですが、規制委員会がダメといわれる原子力発電所は再稼動するべきではないと思っています。そのぐらい規制委員会は様々な観点から厳密な調査をして原子力発電所の安全性を検査していると思っているからです。
 同じ事の繰り返しになりますが、この世の中にゼロリスクというものはありません。太陽光や風力、新エネルギーといわれるものに対しても、ゼロリスクというものは一切無いと思います。
 今回の高浜に対する判決には、最初からゼロリスクに基づく判決に見えてしまいます。反対に川内の判決は、科学的検知を考慮した妥当な判決に見えました。 司法には、もう少し現実的な判決を望みたいです。


2015年
4月27日

もうすぐゴールデン・ウィーク

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 もうすぐゴールデン・ウィークです。。
 そこでちょっと上関町についてお知らせします。
KIMG0703 KIMG0704
 オープンして初めてのゴールデン・ウィークを迎える道の駅「上関海峡」。更に品数も増やし、グレードアップして皆さんをお待ちしています。
 その隣には総合文化センターが完成しました。5月1日オープンです。
KIMG0706 KIMG0695
 道の駅の前に文化財「四階楼」があり、近くには海峡温泉「鳩子の湯」もあります。道の駅との相乗効果もあってか、毎日、多くの人で賑わっています。
KIMG0696 KIMG0710 KIMG0708 KIMG0700 KIMG0699 KIMG0694 KIMG0692 KIMG0690
 “花咲く海の町”上関町の沿道には、沢山の春の花が植えられ、訪れる人たちの目を楽しませています。
 その他、室津地区の「皇座山」、上関大橋を渡れば「上盛山」や「城山歴史公園」・「ご番所」・「中の浦海浜公園」等など見どころいっぱいです。
 ゴールデン・ウィークは、ぜひ“花咲く海の町”上関町にお越し下さい。おいでませ上関町へ!!


2015年
4月27日

色々な考え方

カテゴリー:blog | 投稿者:佑ちゃん

 山口県議会議員熊毛郡地区選挙、県漁連祝島支店の漁業補償金配分総会も終りました。
 県議会選挙は吉井候補が勝利しました。おめでとうございました。熊毛郡の為に4年間頑張っていただきたいです。
 祝島支店総会では、漁業補償金配分案否決の結果となりました。少し残念ですが仕方がない事なのでしょう。
 人それぞれ、色々な考え方があるでしょう。ただウワサで聞く限り、祝島では色々な考え方ができなくなっていることが現実としてあるようです。悲しい事です。
 この事を正常化する為には、島民の意識改革しかないでしょう。いつまでも原発賛成反対もないでしょう。人それぞれの考え方、意見を少しでもよいので尊重しあえる事ができたなら、この事は解決に向かうような気がします。


2015年
4月21日

県漁協・祝島支店 漁業補償金 配分決議

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 4月14日、上関原子力発電所建設に伴って支払われる漁業補償金を、唯一受け取っていない県漁協・祝島支店分の配分方法を決める会合が開かれました。
 前回の会合は祝島で開催する予定でしたが、原子力発電所建設に反対する人たち(一部の島民と町外者)の妨害行動で県漁協の職員が、祝島に上陸させてもらえないという不測の事態により開催できませんでした。今回は、そのことを考慮して、柳井市での開催となったようです。
 今回、受け取りを拒否する組合員がとった行動は、議決権をもっている正組合員から否決文書をあらかじめ集めて、県漁協本店に送るというやり方でした。
 正組合員52名に対して28名分の否決文書が集められていたので、配分案は否決されました。なぜ、事前に文書を集める必要があるのでしょうか。残念でたまりません。
 今回の会合は、組合員同士がじっくりと話し合い、自分たちの意志を示すいい機会だったのではないでしょうか。
漁業補償金は既に契約済みの話です。補償金を受け取ることは以前に決議されていて、早期の分配を望むという組合員の意志は示されています。
 今回のことに限らず、祝島の中で、自分の意志で自由に表明できない、発言できないといった状況があるのであれば、とても問題だと思います。もし,そのようなことがあるならば、一日も早く正常になることを願わずにはいられません。


2015年
4月20日

統一地方選挙 熊毛郡区

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 県議会議員選挙が終わりました。 熊毛郡区は定員1名に対し2名が立候補し、10日間の激しい選挙戦の末、吉井利行氏が再選されました。
 吉井県議、ご当選を心よりお祝い申し上げます。
KIMG0661  KIMG0645 KIMG0631  KIMG0632 (2) KIMG0651 KIMG0669
 上関町では、吉井県議の遊説を、多くの町民が出迎えました。
 吉井県議の訴えられていた“ふるさと創生、地域の活性化、県との強いパイプ”が多くの人の支持を得たのでしょう。
 もう一人の候補は「孫・子のために上関原子力発電所は建てさせない」と建設の反対、阻止だけを訴え、その他のビジョンは全く聞けませんでした。
 孫・子がふるさと上関町に居たくても、雇用がなく、働く場所がない町では暮らしていけないのが現実なのです。だから、上関町民の多くは、原子力発電所建設の実現を望んでいるのです。
 上関町だけでなく、平生町・田布施町もさまざまな問題を抱えています。吉井県議への期待は大きいと思います。
 『吉井県議、熊毛郡のために頑張ってください!』