新着記事

2021年
1月20日

電力需給の逼迫(ひっぱく)について

カテゴリー:blog | 投稿者:事務局

 みなさん、明けましておめでとうございます。
  「未来通信」の正月号(No.35)はもう読んでいただけましたか?
  今回は総合文化センターなど、室津地区埋立地について紹介しています。

  さてここ最近、寒い日が続き暖房器具の使用量が増えたことなどにより、全国的に電力需給がひっ迫しているそうです。コロナ禍で、在宅勤務が増加したことなども理由の1つかもしれませんが、ラジオを聴いていると、今回、需要に対して発電量が不足しそうになっている原因には主に3つあるとパーソナリティがいっていました。

 1つ目は、悪天候などにより、太陽光発電等、再生可能エネルギーの発電量が大幅に減少したこと。2つ目は、これと同時に、寒波による暖房需要等の増加に伴い、LNG火力を計画以上に使わなければならなくなり、燃料となるLNGの在庫が不足したこと。3つ目は、そもそも安定して発電することが特徴の原子力がほとんど稼働していなかったこと。だそうです。

 エネルギー資源に乏しい日本では、海外から輸入した化石燃料による火力発電や、安定して発電できない再生可能エネルギーだけでは、安定して電気を使うことが難しいと分かりました。バランスの良い電源構成を構築するためには、安定して発電できる原子力発電は不可欠です。今年はエネルギー基本計画が改定されます。その中で原子力の新増設が明記されることを期待しています。


2020年
12月14日

山口県光・熊毛地区栽培漁業協会

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 上関大橋を渡った長島側に「山口県光・熊毛地区栽培漁業協会」の栽培漁業センターがあります。毎年この時期は、ここで養殖した「活き車海老」の出荷で賑わっています。
KIMG1673 KIMG1677  上関町の車海老は形も良く味も美味しいとのことで、ふるさと納税でも人気の逸品です。
 今年は上関大橋の事故で、長島側に渡るのに渋滞で大変苦労しましたが、今は渋滞もだいぶ緩和されています。期間もあと少しですが、是非、みなさん上関町の「活き車海老」を味わってみてはいかがですか。

ふるさと納税のお申込み先はこちら
https://www.furusato-tax.jp/city/product/35341 (ふるさとチョイスHP)

上関栽培漁業センター
            光・熊毛地区栽培漁業センター


2020年
12月14日

室津魚協 日曜朝市

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 道の駅「上関海峡」で、毎週日曜日の午前8時15分より室津漁協が朝市を開いています。6日の日曜日も30分前から人が集まっていました。整理券を受け取り、順次店中に入っていきます。
 整理券は来店順に配付されるため、開店前の早い時間から並ぶのがおすすめです。
KIMG1657 KIMG1669 (1)  活きた鯛やブリなど、新鮮な魚介類が並びます。
KIMG1652 KIMG1653 KIMG1664 KIMG1663 KIMG1670  
 鯛やブリは活きたものをその場で〆てもらえます。これからの季節、脂ののった美味しい魚を求めて上関町にお越しください。
道の駅上関海峡 (1) KIMG1630       道の駅「上関海峡」               室津 白浜漁港


2020年
11月19日

上関大橋

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 14日の事故以降、通行止めになっていた上関大橋が18日の18時より通行出来るようになりました。
 しかし、本土側から1台渡り終わったら島側から1台渡るという交互通行で、大変混雑しています。そのため、渡船での人や物資の輸送も行われています。
KIMG1641 KIMG1642  上関大橋が完成してから50年が経ちます。これまで何度も補強工事などが行われていました。
こんなことになるとは、だれも思っていませんでした。改めて、橋の大切さを感じています。
 「原子力発電所建設が始まっていたら、こんなことにはならなかった」と言う人もいますが、今は1日でも早く安全に通行出来ることを願います。
KIMG1634 KIMG1637      上関大橋と定期船「いわい」          上関大橋の朝焼け
 
 過疎・高齢化にともなう人口減少が進む上関町にとって、上関大橋は大切な交通機関です。橋がなかったら、もっと人口減少は進んでいたのではと思います。そして、原子力発電所建設は過疎・高齢化、人口減少に歯止めをかけ、豊かな町づくりを目指す上関町にとって大切なものです。


2020年
11月12日

上関町 ヨット停泊所

カテゴリー:blog | 投稿者:フミツキ

 みなさんは、道の駅「上関海峡」の海岸側にある定期船乗り場に隣接して、ヨットの停泊所が出来ているのをご存じですか。
まだ、正式には出来上がっていないようですが、気の早いヨットが数艇ほど停泊していました。

KIMG1505 KIMG1511
 ヨットに乗る人たちにとって、航海のうえで上関町は停泊や食事をしたり、重要な場所と聞いています。
今は、海峡温泉「鳩子の湯」や道の駅「上関海峡」が出来たことで助かっているとも聞きます。
停泊所が完成すると、山口県では初の「海の駅」と「道の駅」の併用施設が出来ます。
その日が楽しみです。

道の駅上関海峡 (1) 上関温泉鳩子の湯
      道の駅「上関海峡」             海峡温泉「鳩子の湯」

 是非、みなさん上関町にお越しください。